muk DSFS
ニコンデジタル一眼用の交換スプリットイメージフォーカシングスクリーンにです。

マニュアルフォーカスレンズ使用時にピント合わせが容易になります。デジタル一眼レフを改造するスクリーンです。



P1140615

P1140616


RJ Camera 香港製です。



デュアルスプリットイメージフォーカシングスクリーンです。
-1ほど露出補正が必要です。

デュアルスプリットがメーカー欠品のため、シングル45度に切り替えます。
よろしくお願いいたします。





ファインダースクリーン 機種一覧
NIKON D40、D40X、D50、D60、D70、D70S共通<デュアルのみ在庫あり
NIKON D80、D90、 D200、D300 D7000 共通 <只今品切れしております。
NIKON D3000、D5000 共通  <シングル45度のみ在庫あり
PENTAX K5、K7共通


3500円です。


よろしくお願いいたします。

普通郵便120円かレターパックプラス510円でお送りします。

こちらにご連絡ください:xrobomaru@yuchica.com小菅 (クリックすると新規メール作成画面が現れます。)
使用機種をお知らせ下さい。




お取引方法の説明はこちら→お取引方法



スプリットイメージフォーカシングスクリーン交換サービス始めました。
http://blog.monouri.net/archives/cat_50031577.html
工賃2000円〜
よろしくお願い致します。


調整用のシムが付属しますが、必要な場合のみ使用ください。
(必要だった事はありませんでした)

P1140114-m



↓D40ファインダー内の写真です。
DSC_0802


DSC_0794


DSC_0798
D40のファインダースクリーンを交換してみました。
レポートします。

道具はご用意ください。

写真に使用しているフォーカススクリーンは旧タイプです。

DSC_7747DSC_7749


ボディにモーターを待たないD40のマウントは、初代Fとほぼ一緒。
Aiレンズ付けると、AEのが使えないD40は、元々AEの無い初代Fとほぼ一緒です。
というわけで、マニュアルフォーカス向けに改造してみます。


DSC_7750

↑交換するファインダースクリーン。



カメラをひっくり返して作業します。
DSC_7751


DSC_7753


↑ミラーに写っているコの字型の針金がスクリーンを押さえてます。
(写真はクリックすると大きくなります。)

DSC_7759


↑ひっくりかえした状態で、モルトを押さえると、押さえを外す指かけが見えます。
右手に指サックをしました。


DSC_7760

↑ピンセットを引っ掛けて軽く力を入れると、押さえが持ち上がります。


DSC_7761

↑そのままボディを寝かせると、ボディ側にファインダースクリーンと銅のスペーサーがミラー側に倒れてきます。
ピンセットで、スクリーンの端っこをつまみマウントから出します。
スペーサーは残しておいても良いです。
指が入れば指サックした指を使っても良いです。

スクリーンには向きが判りやすいよう出っ張りがあります。
外すときに向きを良く確認してください。

DSC_7763

↑また、ボディをひっくり返し、銅のスペーサーをひき
スクリーンの淵の出っ張りが、左手前に来るように、あるべき場所に乗せます。


DSC_7764


DSC_7765

↑浮いていたら、少しずらすと収まります。

DSC_7765

DSC_7766

↑持ち上がっている押さえを下げ、指で軽く奥に押し込むように下げると
パチンととまります。

出来あがりです。

DSC_7767


マニュアルでのピントの合わせ易さは抜群になりました。
Gレンズでオートフォーカスも、もちろん普通に使えます。


終わってみると、思ったより簡単な作業でした。
昔ながらにちゃんと交換できる構造になっています。

注意すべきことは、
スクリーンに指で直接触らない事と、
埃を入れない事です。

ファインダースクリーンはスプレー缶のブロアーは使わないでください。
事前にブロアーをかけ、作業中は吹かないほうが良いと思います。


           

muk select 小菅