お客様より貴重なレンズを数本お借りすることが出来ました。
中にCマウントレンズが2本ありましたのでレポートします。
秘蔵の品をありがとう御座いました。




TV ZOOM 17-102mm f2.0

DSC_7540


フォーサーズに換算すると34-204mm全域f2.0と夢のようなズームです。
しかし無限が出ないとの事でした。

よく見るとアダプタの高くなっている淵の部分がレンズ後ろに当たっていて奥まで締め込めない様子です。


DSC_7543DSC_7541


↑レンズマウント部分


当たっている部分を削れば奥まで締め込めそうです。


DSC_7545
DSC_7546








この部分が当たっているのでマウントの淵を少し削ります。

DSC_7548








ガラス板に紙やすりを敷いてマウントを上から当ててシャコシャコ削ります。
少し回転させながら削るのがコツです。コンテナボックスの中で掃除機の口を突っ込みながら作業しました。
エアでよく吹いて、たまにカメラに装着して無限遠を確認します。



DSC_7549DSC_7550


簡単な作業で無限遠が出るようになりました。

少し削りすぎたので無限遠はレンズの指標より少し手前でピントがきます。
(アダプタは余裕をもって短めに作ってあります)

P1030354P1030358

P1030371P1030420

P1030416









次は、
Bell&Howell Angenieux 1inch f1.9
とても興味深いアメリカ製レンズです。

DSC_7534DSC_7536



レンズの指標の位置がひっくりかえってると思ったら、マウントの部分が回転するように出来ておりました。

DSC_7537


↑Cマウントの螺子が切ってある部分が回転します。
指で回るので、加減を見てアダプタに装着します。
しまう時にリヤキャップをねじ込むとまたずれてしまいます。

DSC_7539


ありがとう御座いました。

P1030380P1030384

P1030393P1030396















こんな珍しい物もありました。

DSC_7552

レチナのレンズでしょうか??M42に改造してあります。

















muk select