09年07月15日
お客様よりインプレッションとお写真を頂きました。
ありがとうございます。早速掲載させていただきます。

以下原文と投稿写真を掲載させていただきます。お写真はクリックすると大きくなります。

Cマウントレンズ

自分の所有しているのはTVレンズばかりです。

P1060044




COSMICAR 25mm 1.4
イメージサークルが 4/3にくらべ若干小さいので四隅が少々蹴られます。
開放ではその近くの像が流れてトイカメラ様でなかなか面白いです。
フォーカスリングが手前にあるので少々操作しずらく、絞りを触ることがあり。
像は中央部では結構シャープでした。(作例あり)


No brand 16mm 1.6
レンズ後端がマウント面より10mm突出しているレンズですが、問題なく使用できました。

イメージサークルが小さく、像は円形
絞りがないので室内専用

GEIC 16mm 1.4
CSマウントのため接写専用。上記レンズよりイメージサークルやや大きめ。

ノー・ブランド 6mm 1.4
イメージサークルは直径が長辺の約半分。のぞき穴風の画像

その他のレンズはレンズ径大きく適正にセット不能。接写専用もしくは使用不能。


添付画像は 25mmレンズでの作例です。
25mm1_4



PEN レンズ
サイズが小さく E-P1にもジャストフィット。
25mm F4、38mm 1.8あたりは標準のパンケーキレンズよりも細くて好みです。
アダプターの径がレンズよりもかなり大きく、レンズの取り外しボタンはやや押しにくい。

P1060048P1060053



作例は38mm F1.8 絞りはF4ぐらい

38mm1_8





FDレンズ
まだ一部のみの使用ですが思った以上にシャープな画が撮れて旧FD党としては大変満足です
作例はTokina のFDマウント 90mmF2.5です。絞りは開放です。

Tokina 90mm2_5



どのマウントアダプターも本体の装着時抵抗なく、スムーズにつけられました。
またガタも生じず、片ボケなども見られませんでした。










muk select