muk R52-MFT RJ
マイクロフォーサーズ Panasonic DMC-G1、GH1、GF1、オリンパスE-P1、E-P2,E-PL1用の52mmリバースマクロアダプタです。G1の標準ズーム(14-45)など、フィルタ径52mmレンズが逆さに装着でき、極マクロ撮影が出来ます。

連動は何もありません。
実絞りで測光しAEが作動します。

G1の設定が必要です。カスタムメニュー(MENUボタンを押してCとレンチのマーク)の最後の「レンズ無しレリーズ」をONにしてください。



RJ Camera 香港製です。

muk R52-MFT RJ
2200円です。

よろしくお願いいたします。

普通郵便120円かレターパックプラス510円でお送りします。

こちらにご連絡ください:xrobomaru@yuchica.com小菅 (クリックすると新規メール作成画面が現れます。)



お取引方法の説明はこちら→お取引方法


カテゴリー>アダプター・マイクロフォーサーズ一覧はこちら



DSC_7382DSC_7381

DSC_7384DSC_7383



G1の14−45mmで撮影してみました。

周りにあまり精密でわかりやすい物が無かったので、腕時計を撮りました。
14mm開放R

↑まずは14mm側で開放。針にピントを合わせてますが深度が浅く、文字盤はぼけてます。(写真はクリックすると大きくなります800*)


14mmf16R (1)


↑次に14mm側で絞りf16で撮影しました。SEIKOの文字から秒針までピントが来てます。

ここで、んっ・・て思った方、はいそうです。
リバースして取り付けいるので、レンズは通電していません。
絞りはおろか、ピントも動きません。

裏技があります。

先日、お客様にEOSの事で教えて頂いたのですが、その応用です。

EOSは、絞りを設定しプレビュー時にレンズを外すとレンズは絞られたままと教わりました。(M4/3-EOSブリッジで活用できます)
G1の場合はプレビューは無いので、マニュアルにダイアルして、ロングシャッター(5秒とか)と絞りたいf値にセットしてシャッターを切り、シャッターが閉まる前にレンズを外します。
ピントは被写体との距離で取って下さい。



45mmf16R

↑45mm側です。14mm側より少し引いた感じです。
付けるレンズの焦点距離によって近接の度合いが変わります。
14-45に限らず、フィルタ径52mmのレンズなら装着できます。



撮影風景はこんな感じです。
DSC_7388DSC_7385


↑14mm側では、レンズギリギリです。

DSC_7394

↑今回活躍したのは、Aiニッコール55mmF2.8、レンズの繰り出し量が多いので、エレベーター付き撮影台にして、時計を載せました。ピント合わせは此方のリングで行いました。時計はセイコーダイバー1000です。




mukselect 小菅