muk LM-MFT RJ

カメラ:パナソニック,オリンパス,ブラックマジック マイクロフォーサーズ用
レンズ:ライカMマウント
マウントアダプター



連動は何もありません。
実絞りで測光しAEが作動します。


PGH50240

写真を追加します。パナソニックGX7MK2とライカ・ズミクロン35の組み合わせです。



レンズの装着には注意が必要です。
後玉がアダプタより出っぱるレンズは取り付けられません。
沈胴レンズも沈めると危険です。
シャッターに接触し機械を壊す可能性があります。
出っぱりは、マウント面より後方14mmほどがMAXと考えております。

パナソニックのカメラでは設定が必要です。
カスタムメニュー(MENUボタンを押してCとレンチのマーク)の最後の「レンズ無しレリーズ」をONにしてください。



RJ Camera 中国製です。
muk LM-MFT RJ
価格6500円(税込み)

定形外普通郵便220円かレターパックプラス510円でお送りします。
よろしくお願いいたします

お取引はメールでのご連絡でとなります。
こちらにご連絡ください:kosuge@muk-cs.com muk 小菅
(メアドをクリックすると新規メールの作成画面が現れます。)


お取引方法の説明はこちら→お取引方法







Panasonic DMC-G1   Leica MPanasonic DMC-G1 Leica M アダプタ








Panasonic DMC-G1 Leica MPanasonic DMC-G1 Leica M ズミクロン 50mm f2.0







Panasonic DMC-G1 Leica M Summicron 50mm f2.0






Panasonic DMC-G1 Leica M ズミクロン35mm f2.0






Panasonic DMC-G1 Leica M








近所で撮影しました。ズミクロンMの35mmです。



G1-M ズミクロン35mm
















G1-M ズミクロン35mm











G1-M ズミクロン35mmG1-M ズミクロン35mm







慣れ親しんだズミクロンだと、不思議とライカと同じ構えになっており笑ってしまいました。
ピントリングのつのに人差し指が添えられて、親指は絞りリングの上にあり、
一眼での一連の撮影手順(絞開放>ピント合わせ>絞り決定)でも
ファインダーをのぞいたままスムーズでした。

撮影方法もむしろレンジファインダーのスタイルになってきます。
絞り込んでピントは固定、ファインダーで構図を見てシャッター押すだけ。絞り込んでもファインダーが明るいG1ならではです。


クロスボーン G1-ズミクロン35mm








↑Summicron 35mmf2 ハーレーダビットソン クロスボーンズ グラインドペイント





P1010522

↑2009年6月1日 横浜 ブルーインパルス G1 Elmarit90mmf2.8

今日は予行練習で明日が本番です。
あいにくの雨でしたが、無理やりG1で撮影してきました。
ライカMではなかなか出番のないテレですが、G1だと快適です。
換算して180mm。
ブルーインパルス
しかしもう少し長い玉で撮影したいところです。



翌日本番は晴天でした。
P1010552P1010586


P1010588P1010595


P1010598

↑2009年6月2日 横浜 ブルーインパルス G1 Elmarit90mmf2.8




muk 小菅宗信