フレットのすり合わせです。

いきなり本番です。
試してみるボロいネックもあったのですが、
気が付いた時には作業に入っていました。

耐水ペーパーの400番、600番、800番、1000番を揃えました。

あて木は長いので、ロール状のペーパーのほうが使いやすそうですが
いまいち種類が少ないのが残念です。

あて木の平面を出した面に「スプレーのり」をシューッと少量吹きかけ
400番のペーパーを貼ります。

スプレーのりは、低粘着タイプで貼ったり剥がしたり出来るタイプです。
養生にひいてある新聞紙にも軽くひと拭きしておけば、
細かい粉などが飛ばないので快適です。

gg1






一応緊張してたのか、あまり写真がありません。すみません。


まずネックが真っ直ぐなのを確認します。

極太ネックですから置いてもペタンとしているので、
力加減ですぐにたわむ事もなく楽に作業ができました。

まず400番でサーッとあまり力を入れずに、なん往復かやすります。
1フレットから最終フレットまでまんべんなく。
フレット状態を見てみます。

撮影台の照明が明るいせいか、最近とんと目が悪くなったせいか、
削ったところの変化が微妙すぎて、よくわかりません。

マジックでフレットを塗る事にしました。
そうすれば、塗った色の取れたところが削れた事になります。
すべてのマジックが取れていればよい訳です。

gg2gg3






やする→確認を繰り返して、適当なところで仕上げに入ります。

新品のフレットだからか、すぐに良さそうな状態になりました。
使っていて擦り減ったフレットに合わせるのは、もっと難しいかもしれません。

400番から、600番、800番とペーパー代えて仕上げていきます。

個人的には、400番はすぐに削れてしまい、少し怖い感じでした。
600番からのスタートでもよいかもしれません。


次は、削り取った面の角を取ります。

専門の工具もありますが、どうせ加減も分からないので
購入は見合わせ、指で作業にかかります。

1000番のペーパーを指の腹でフレットに斜めから押し当てなぞるように
角を取っていきます。フレットの断面の角もかるく落とします。

経験もないし、慣れない工具を使うより指の感覚を信じた方が良いと思いました。

指で直に触り、感触を確かめながら全フレットを作業します。

なんとなく、何の根拠もありませんが、うまく出来たと感じています。


最後の仕上げに、
(1)でボディに使った艶出し用コンパウンドで磨いてピカピカにします。

gg4gg5







マスキングテープを剥がしてOK。

gg6







なんせ初めてなので、組み上げて弾いてみるまで結果は分かりませんが、
とりあえず今のところは達成感で満たされています。

新品ネックなので、磨り減ったフレットのネックより楽だったのだと思います。

大変だったのは、あて木の平面をだす作業でした。
最初から平面が出ている物を探した方がよいかも知れません。


つづく