フランジバックの関係でアダプタでM42レンズを付けても無限遠が出ないニコンFマウントですが、補正レンズ付きアダプタなら無限までピントもきてM42レンズが楽しめます。

f4i502







補正レンズ付きアダプタはテレコンバーターの様なもの少しテレに寄り、少し暗くなります。
ニコンで沢山のM42レンズが楽しめるのですから良いとしましょう。

補正レンズありのアダプタと無しのアダプタで比べてみます。

それではニコンD100で撮影です。
レンズはIndustar-50-2 50mmF3.5です。
いつものオークション用撮影台で、

まずは、補正レンズあり(クリックすると写真は大きくなります)
ari






次は補正レンズ無しです。三脚は同じ位置。
nasi






いかがでしょうか、露出はもちろん補正してあります。白飛び警告を見ながら何枚か撮りよいものを選んであります。

この次は外に出て撮影したいと思います。

それでは外に出て撮影してみます。
補正レンズ付アダプタとIndustar-50-2 50mmF3.5の組み合わせです。

早朝の曇り空なので、光は微妙です。
n421







無限でもピントきてます。

n423







寄ってみる。
n424







曇り空でも光を選ばないとだめですね。
n425n426n427







ニコンD100でサイズはSで画質はファイン。無修正です。


今度は天気の良い日に撮影します。


monouri.net